head_img

リラクゼーション「クローバー」からのごあいさつ

photo

最近、めっちゃ寒くなりましたね。もう冬ですね、インフルエンザに注意してくださいね。
当店では落ち着いたお部屋で貴方を癒します。 ほんの少しの合間ですが、極上なる癒しの時間をゆったりとしたお部屋で、当店自慢のセラピストが貴方の心と体を癒します。

リラクゼーションを目的

リラクゼーション「クローバー」は、リラクゼーションを目的としたマッサージ店です。 指圧やオイルマッサージのおもてなしを隠れ家のような完全個室にて行います。 お身体の疲れをとり、心身共にリラックスして頂く癒やしの場です。

こちらに当てはまる方はぜひご来店ください!

icon_check 心身共に気持ち良くなりたい。

icon_check 明日の活力を得たい。

icon_check 鼠径部マッサージで癒されたい。

当店自慢のマッサージが色々とありますので、ご相談ください。

リンパマッサージ

photo

なにがしかの病気になった時に医師から「リンパが…」と言われた経験ってありませんか?なんとなくそのまま聞き流し聞き慣れていてわかっているような方が多いのではないでしょうか。 体の中でリンパの役割は、体で蓄積された老廃物や疲労物を「リンパ管」に取り込み体の各部署にある「リンパ節」といわれる保管庫に預け浄化機能があるその保管庫で浄化する仕事を担っており、リンパ管は静脈に沿って全身に張り巡らされております。 血管が上水道であれば、リンパ管は下水道という位置づけがわかりやすいかと思います。ただ、血液は心臓が血流を発生させ体の中を循環していますが、リンパ管を走るリンパ液は、血管の心臓のような機能が存在しないため、体の動きに任せてゆっくり流れています。デスクワーク中心だったり運動不足が続くと体の動きが少ないためにリンパ管を流れるリンパ液が「リンパ節」といわれる浄化機能部位まで届かず、途中で滞ってしまい、老廃物や疲労物が予定されていない場所に蓄積され、むくみを引き起こし、免疫力の低下をはじめとする体の不調の原因になります。 その状態の改善にはリンパにも血液の心臓のような役目を施すことが必要とされます。それが一般的に言われている「リンパマッサージ」です。 リンパマッサージは最もマッサージの中でポピュラーな存在で人気のあるマッサージ。施術方法は、リンパの流れに合わせて指や手でマッサージを行い、リンパが正常に流れるように促していきます。 肌に直接素手でマッサージをいたしますのでよりスムーズで気持ち良い体感してもらうためにオイルやジェルをもちい、リンパの流れのようにゆっくりで穏やかなマッサージを行ないます。定期的なマッサージにより代謝がよくなり太りにくい体質への改善が期待されます。 特に効果的なのは体が温まっているときなどにリンパマッサージは最適。入浴後や温泉後の体温が高いうちにマッサージを行うと効果的です。十分なマッサージの後は水分補給が必要になります。 また正常な流れを促進するためにリンパマッサージは存在しているためあいまいな知識で間違った流れのマッサージを施術してしまうと逆効果になるので注意が必要。また体調のすぐれないときや、飲食後、お酒などのアルコール摂取後、妊娠初期の頃も同様ですので、知識を持った専門家にお任せして程よく配合されたオイルの香りによるリラックス効果もプラスされている専門店での施術をお勧めします。

焼石(ホットストーン)

photo

ホットストーンとは、火山のマグマが固まってできた滑らかな肌触りの石を温めたもの。体の上に置く、指の間に挟む、体の上を滑らせてマッサージするなどといった様々なケア方法がある。自然素材なので体に優しい。石の持つ遠赤外線効果で、体の深部まで温めてくれるとともに、血行やリンパの流れも促進してくれる。 また、ホットストーンでケアできる、さまざまな不調には冷えが関係! 例えば、「太りやすくなった」と感じる場合は、体が冷えて代謝がダウンしていることが原因かも。また、冷えがあると、体温を逃がさないよう毛細血管を収縮させるために、自然と力が入っている可能性が。これが気づかない間に「こり」を起こしてしまう原因に。 温めたホットストーンを使ってマッサージをすることで、こりをほぐすことはもちろん、根本原因である冷えの改善も期待できる。ホットストーンの遠赤外線効果で体を芯から温めて、冷えの解消&代謝アップをめざそう。

アロマオイルマッサージ

photo

アロマオイルマッサージは、マッサージの中で体全身に様々な効果をもたらせてくれるオイルマッサージです。他のマッサージと違うところは、ある程度きめられたメニューを施術する場合とは違い、様々なユーザーの事情にあわせ体に塗るエッセンシャルオイルを変えたり、配合率を変えられたり、マッサージする部位を希望できたりする点に特徴があります。 ですので、事前に自分の症状や状況をセラピストに伝えて有効なマッサージ手法を考えてもらい施術を受けましょう。 アロマオイルマッサージのもう一つの特徴には、マッサージ師の手技によって全身の筋肉の疲れや緊張を隈なくほぐしていくためマッサージによるスキンシップ効果による癒しもアロマオイルマッサージは役割を担っております。それだけに店舗やマッサージ師との相性なども大きくかかわるのも特徴です。 効能的な側面からは、アロマオイルマッサージは他のマッサージ同様、新陳代謝の活発化、むくみやだるさ、ストレスによる様々なトラブルの解消に効果的なほか、スキンシップ効果も加味されていることから、脳内ホルモンの分泌を高め、神経系を含む免疫系統類を刺激し免疫抵抗力の増加も期待されます。 植物性とはいえ多種多様のエッセンシャルオイルが存在しさらに独自に配合するので個々の肌質によって合う合わないがあり、特に敏感肌の方は注意が必要です。普通お店では全身に塗る前にテストで肌に合わせてくれるところが多いですので特に敏感肌の方は事前に店舗に尋ねたほうが良いです。 また体調がすぐれないときや病気を患っていたり、体に外傷がある場合などは、マッサージを受けるのは避けましょう。

ヘッドマッサージ

photo

ヘッドマッサージというとどちらかというと、美容院でなじみのある言葉だと思います。マッサージ店では単体で施術するより、アロママッサージと一緒に行われたりされています。 美容室や理髪店に一度も行ったことがない方はいらっしゃらないと思いますが、頭を洗ってもらうことでも気持ち良い感じを持たれてる方は多いと思います。 頭には数多くのツボがあり特に脳は重要な体の一部ですのでここに心地よい刺激が与えられることは、そのまま中枢神経に伝達され全身に伝わります。 簡単にでき毎日のシャンプーでも行っていることではありますが違う人間が真心こめて頭皮を刺激してもらうことは自律神経の回復やストレスの解消など多くのメリットが存在し比較的手軽で効果の高いマッサージともいえます。

足裏マッサージ

photo

マッサージの中で一番手軽に受けられるのが足裏マッサージです。したいんだけど少し怖い、と思う人にも比較的敷居が低い初心者向けの施術ともいえます。 とはいえ足裏には末梢神経が集中しており手軽だからと言って効果が分かりにくい場所ではなく手軽さとは対照に効果が実感できる部位でもあります。 服を脱ぐ必要のある全身リフレに抵抗を感じる方の最初の一歩として体験される方もいらっしゃいます。

ふくらはぎマッサージ

photo

ふくらはぎは体の中で意外と重要な位置を占める部位ですが、体の中では下部で老廃物や疲労物がたまりやすい場所だとも言われています。夜になるとふくらはぎに違和感を感じたり、つったりして家に帰ると何気なくふくらはぎをさすったりしていませんか? 仕事が長時間同じ姿勢の場合には、老廃物や疲労物が循環せずにふくらはぎには悪条件だといわれています。とはいえ、だからといって仕事を辞めるわけにも仕事の仕組みを変えることはできませんよね。 夜、自分でふくらはぎをつかんでみて、比較的暖かくやわらかめで弾力があるようであれば体調管理は十分にされいると思いますが、触るとヒヤッとしたり固い、コリコリしたところがある、よく言うパンパンになっているという症状があればリンパが溜まってる可能性があるのでマッサージのサインでもあり、それを解決できるのがふくらはぎマッサージです。ふくらはぎマッサージは、ふくらはぎの疲れていると感じる部分のむくみや痛みをとることをメインにマッサージを行います。 ふくらはぎは人により場所や痛みの度合いに大きなひらきがあり、プロのセラピストでもなかなか特定できないのでマッサージをしてほしいところをはっきり伝えたほうが良いです。 昔も今もかわらない「ふくらはぎのむくみ」はマッサージによるほぐしが第一歩!

眼精疲労マッサージ

photo

マッサージの中で注目度が急増しているのがこの眼精疲労マッサージ。パソコンやスマートフォンの普及によりすべての方が体験していると言っても過言ではないのが眼精疲労です。 眼精疲労がどのような形で症状として発生するかの明確なメカニズムはいまだ明確に判明しておりませんが、目の酷使により見えににくくなった状態での見なくてはならないための無理な姿勢からくる疲れや肩こり、見えにくい不快感から発生する不安やストレス、頭痛、吐き気など、眼精疲労は、そこから紐づかれる様々な現代病に影響を及ぼしているとも言われています。 さらに腰痛や肩こりといった部位とは違い、明らかに目が疲れているからと言って眼球を直接揉んだり叩いたりなどできない場所であるがゆえに目の痛みは症状が出てしまうと間接的な対処しかなく気が滅入ってしまう部位でもあります。

ページトップに戻る